展覧会「200年をたがやす|CULTIVATING SUCCESSIVE WISDOMS」2021年3月21日(日)より秋田市文化創造館ほかで開催予定

現在、募集中!
あの人から教わったレシピ
伝統的工芸品のエピソード
「ココラブ」プロジェクトメンバー
トーク “表現の場”をたがやす 参加者
「プロジェクトの研究会」研究員
お祭りや昔話のエピソード

人々の営み - 生活と表現が交わる広場としての展覧会

200年」という幅で、過去に、そして未来へと、様々な旅路であきたを探る展覧会です。200年前は江戸時代。明治維新よりも以前に遡ります。歴史教科書などではあまり区切られることのない幅で物事を捉え、あまり描かれない無名の人々の営みをたどってみることから、私たちのこれからの生活や豊かさについて模索していきたいと思います。
ところで、Culture(文化」は「Cultivate(耕す」を語源とします。無数の先人がたがやした土壌に、私たちの文化は形成されているということでしょう。食や工芸は、人が生きるうえで不可欠な文化因子です。美術や芸能などは、生の営みを描き出し豊饒にすべく発展してきました。一方で、農業や鉱業、あるいは林業などの産業は労働の側面に目がいきがちですが、産業や技術の発展が文化を醸成することを忘れてはならないでしょう。本事業では、一見バラバラな因子がいかに密接に結びつき地域の文化を形成してきたかを、多彩な創造行為を通じて探求していきます。
もちろん、この事業であきたの文化を形成するすべての因子を網羅することは不可能です。ただ、いくつかの未踏の径を切り開くことはできると信じています。穴はあってもよい。むしろ穴だらけで、これから繕っていくことができる不完全な風呂敷をひろげてみることからはじめてみたいのです。穴から芽がでれば、それもよいでしょう。
本事業は、多様な参加により成立するプラットフォームとなることも目指しています。会期は大きくわけて二つのフェーズで形成されます。第一期は「つくる。アーティストや研究者だけでなく、この地域に暮らす多彩な人々と一緒に、食、工芸、生活・産業、美術、舞台という5つの要素について、調査・研究と創作活動を展開します。
そして第二期は「みせるつくる」の成果を、展覧会を軸に、公演やイベントなども交えて日々変化する動きのある場として公開します。過去のかけらをたぐり歴史の網目を垣間見、未来をつかむべく創造行為を展開することで、この地域の文化をたがやす活動を継承していきます。

This exhibition explores Akita on various paths in the span of two hundred years into the past and into the future. Two hundred years ago, Japan was in the Edo period, still decades away from the Meiji Restoration. By shining a light on aspects not usually covered in history lesson books and by following the lives of ordinary, nameless people, we want to find new avenues for our lives in the future.
The word ‘culture’ is derived from the verb ‘to cultivate.’ This hints at the fact that our culture today is built on land that has been cultivated for generations by our ancestors. Cultural aspects like cuisine or crafts are indispensable parts of human life, and art in its many forms has developed both to depict human activities and to make them more fertile. Regarding industries like agriculture, mining or forestry, we tend to focus on the manual labor involved while forgetting that the development of industries and their technology also stimulates culture. In this project, we want to explore how factors that may seem unconnected at first – modern and contemporary art, lifestyle, industry, cuisine, craft, and performing arts – are intricately linked to form local culture.
While it is impossible to cover every single facet that constitutes Akita’s culture with this project, we will be able to open up new roads that have not yet been pursued. Complete coverage is not the goal. On the contrary, we regard this project as the unrolling of an imperfect rug, with holes to be patched in the future. And with some luck, perhaps something new, something unexpected will emerge through its holes.
This project also aims to be a platform created through a diversity of participations. The project’s schedule is roughly divided into two phases. The first phase focuses on creating. Together with artists, researchers and diverse locals, we will conduct research and develop creative activities in the five categories cuisine, crafts, life and industry, modern and contemporary art, and performing arts. The second phase is about presentation. In the form of an exhibition with daily changes, live performances and events, we will present the results found and created during the project’s first phase.
We want to explore fragments of the past, to glimpse at the mesh of history, and use what we find to develop creative acts that improve our future. We want to continue cultivating the culture of our region.

200年をたがやすは、秋田市文化創造プロジェクトの一環です。

CATEGORIES

あきたの200年を5つの分野を軸に探ります。

食 - Culinary

あの人から教わったレシピ」を収集し、食文化を通して、過去と現在、未来を繋いでいきます。

By collecting recipes passed on from person to person,
we will use culinary culture to connect past, present and future.

工芸 - Craft

秋田の伝統的工芸品を原材料や製造工程の物語とともに紹介し、未来の使い手との幸せな関係を発見します。

We introduce Akita’s traditional craft items and share stories about the raw materials and manufacturing processes involved in order to enable productive relationships with their future users.

美術 - Modern & Contemporary Art

記録」行動」歴史」などの観点から、秋田における多様な表現活動を紹介するとともに、文化創造館と結びついた新しい美術表現のかたちを多彩な人々とつくりだします。

We look at artistic activities in Akita through the lenses “Memory” ,“Action” and “History” and create new forms of contemporary expression in collaboration with diverse people as well as the new Akita City Cultural Creation Center.

舞台 - performing Arts

祭りや芸能の調査研究、フィールドワークなどから、これまで描かれなかった私たちの日常を捉え直し、今を生き続ける私たちのための営みを創造します。

We research traditional festivals and performing arts that have been part of Akita’s culture for generations and aim to discover entirely new events in Akita.